北野天満神社

北野天満神社

北野天満神社は、霊顕あらたかな学問の神様で親しまれている菅原道真公をお祀りする由緒ある神社です。
治承4年(西暦1180年)の6月、平清盛公が、京都から神戸に都を移し、「福原の都」をつくるに当たって禁裡守護、鬼門鎮護の神として、京都北野天満宮から勧請して祀られた古い歴史をもっています。
また、約260年前にご造営された本殿は、透塀、拝殿、鳥居、灯籠、石段とあわせ、昭和60年に神戸市の「伝統的建造物」として文化財に指定されています。

住所〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町3-12
お問い合わせTEL 078-221-2139
アクセス各線三宮駅より タクシー約10分、徒歩約20分
新幹線・地下鉄 新神戸駅より タクシー約5分、徒歩約15分

寛保二年(1724年)から、神戸の港を見守り続けてきた拝殿は、神戸市の重要伝統的建造物に指定されています。

道真公の思召しをうけた「御神牛」が崇められています。

鯉に水をかけ祈願すると願いが叶うといわれてる、水かけ祈願叶い鯉。