シュウエケ邸

シュウエケ邸

明治29年(1896年)に建築家A.N.ハンセルの自邸として建設されました。ゴシックを基調するコロニアルスタイルで、広い庭園には芝生に石灯籠を配置をするという和洋折衷の要素も楽しめます。 現在もシュウエケ家の自邸として使用されていますので、庭園と1階の一部のみが一般に公開されています。 館内は年代物のフランス製家具や大きなシャンデリア、暖炉等クラシカルなインテリアで統一されていますが、壁面には明治時代の浮世絵約200点が飾られています。

住所〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通3-5-17
TEL
営業時間※現在休業中 9:00~17:00
入館料※現在休業中 500円
定休日※現在休業中 火曜日(祝日の場合はその翌日)
アクセス各線「三宮駅」 徒歩15分